コンデンスリッチ豊胸はミルフィーユのように注入

  • 豊胸・バストアップ
  • コンデンスリッチ豊胸

雨の大阪〜

気がついたら三月ももう終わりですね。

忙しくて2月のアタマくらいからの記憶が曖昧な中居です。

…やばい。
今の今までホワイトデーのお返しを贈るのを忘れてました。
さっきスタッフに小声で
「先生、オペ着のズボンが裏表逆ですよ」
と言われました。

今日の手術のシミュレーションは完璧なのに。

春は美容外科医にとって一年で最も忙しい季節のひとつ。
今日も脂肪吸引やマイクロCRFなど、たくさんの手術をご用命いただいております。
いつものように全力で、当たり前の事を当たり前にひとつずつ積み上げていきます。
ズボンもはき直したし、完璧です!(笑

さて、今回はコンデンスリッチ豊胸。

片胸300~400ccもの脂肪をどら焼きのアンコのように注入してしまうと

術直後パンパンに張る
1ヶ月後ちょうど良し
3ヶ月後ずいぶん減って来る、しこりが気になって来る
しこりが残らないようにマッサージをしっかりする
6ヶ月後のバストアップは1カップ未満

という経過が多いです。

THE CLINICでは、混ぜ物無しの100%コンデンスリッチファット(CRF)を使います。
皮下、乳腺下、大胸筋内、大胸筋下にミルフィーユ状に丁寧に注入することで、しこりや定着率の低下を回避し、適切なボリュームのバストアップをしていきます。

 

脳外科医を経験後、美容外科医に転身する。その豊富な知識と高い技術に、厚い信頼を寄せるスタッフも多い。
「ゲストの利益を最優先する。必要のない手術は行わない」と言い切る誠実さに、全身すべての手術を中居ドクターに依頼したゲストもいる。