バッグ抜去後のCRF豊胸術

  • 豊胸・バストアップ
  • ブログ
  • コンデンスリッチ豊胸
  • シリコンバッグ
  • バッグ抜去

たいていランニング中のお供は録音した深夜ラジオを聞いている中居です。もう何年も「伊集院光 深夜の馬鹿力」を録音していて、そればかり聞いてます。

僕はテレビをほとんど観ないし、ラジオもほとんど聞きません。録画した「タモリ倶楽部」と録音した「深夜の馬鹿力」だけが僕と世間をつなぐ情報源です。

美容外科医になった頃からずっとこんな生活を続けています。…来年四十になろうとするのにコレではまずいかな(苦笑)。

 

脳外科の時はそれさえも無かったので、ちょっとは情報量が増えて改善されている事にしようと思います。

そして今朝も録音した「馬鹿力」をリピートしながら大阪の街を朝ランするのでした。

さて、今回はバッグ除去後のコンデンスリッチ豊胸術です。

 

今回のポイントは他院で乳腺下バッグを抜去した際に周りにあるカプセルが破れていて、同時に注入したヒアルロン酸が乳腺下に漏れでていたた事への対処法。脇の傷からバッグを入れたけど抜去は乳房下縁切開で、エコーで確認すると傷直下からバッグにかけてのスペースが交通していた事で…、感染やしこりのリスクを極力回避するために、まずは余分なスペースをきっちり閉じることを提案しました。
そのためにまずヒアルロン酸を全て溶かし、一ヶ月後に皮下、大胸筋内、大胸筋下にCRFを注入する事になりました。

術前の診察でゲストに説明し、二回に分けて手術する事をご了承いただけて心から感謝しております。