シリコンバッグを抜去し同時にコンデンスリッチ豊胸

  • 豊胸・バストアップ
  • コンデンスリッチ豊胸
  • シリコンバッグ
  • バッグ抜去

日本ダイエット健康協会認定ダイエットインストラクターの免許を取ったよ。

FullSizeRender

ただ痩せるためのテクニックというよりは、健康を維持しながら適切な目標体重に持っていくためのスキルですね。
だから脂肪豊胸術を受ける人に多い「体重を増やせないタイプの人」に対して「いかに効率よく体重を維持、もしくは増加させるか」にもとても役立ってます(*´∀`*)

「手術をしたら終了。あとは気合で痩せてね」じゃぁちょっとね。
ボディデザインの専門家と自称してる限りは、やっぱちゃんとしたダイエットの知識も必要かなと思いまして。

さてさて。
本日の手術紹介です。

シリコンバッグを抜去して同時にコンデンスリッチ豊胸

早速見ていきましょう。

術前
バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸

術後半年
バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸

デコルテにもしっかりと入れることで肋骨の感じも改善されましたね♪(´ε` )

違う角度からも見てみましょう。

術前
バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸

術後半年
バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸

しっかりとバストをキープすることができました♪(´ε` )

それでは詳細を追っていきましょう。

術前
バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸

40歳女性。
10年前にシリコンバッグ豊胸術。
胸の隙間が分かるので谷間を作りたい。形の不自然さ、硬さがきになるため自然な感じのバストになりたい、というご希望がありましたが、他院では

「バッグの抜去は可能だが、脂肪注入するとしこりになるからしない方がいい」

と言われたため当院にご来院されました。

157cm/46kg。

術中
バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸

大胸筋下に挿入されているCMCバッグを脇の傷から取り出しました。

シリコンバッグ
バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸

その後
皮下に100cc
乳腺下に50cc
大胸筋内に50cc
大胸筋下カプセル上に50cc
片側合計250ccを注入し、さらにデコルテに25cc注入し、
片側合計275cc、totalで550ccのCRF(混ぜ物なしの100%のヤツ!)を注入しました。

術後1ヶ月
バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸

腫れや内出血が引いてホッと一息ですね。
術後3ヶ月は体重を減らさないように気をつけていただけると、半年後の大きさにもほとんど変化はありません。
しっかりと体重のケアをしていきましょう。

術後半年
バッグ抜去 コンデンスリッチ豊胸

しっかりとキープ出来ましたね♪(´ε` )

トップバストは81.5cmから82.0cm。
しっかりと自然なバストを取り戻しました!(*´∀`*)

次回のブログでは脂肪採取部位にも着目してみましょう。

脳外科医を経験後、美容外科医に転身する。その豊富な知識と高い技術に、厚い信頼を寄せるスタッフも多い。
「ゲストの利益を最優先する。必要のない手術は行わない」と言い切る誠実さに、全身すべての手術を中居ドクターに依頼したゲストもいる。