シリコンバッグのトラブル!バッグ抜去と同時のCRF豊胸〜脂肪採取部位

  • 豊胸・バストアップ
  • 痩身・脂肪吸引
  • ベイザー脂肪吸引
  • お腹
  • コンデンスリッチ豊胸
  • 部位

本日の手術紹介行ってみましょう。

先日のブログでシリコンバッグのトラブル〜バイオセルバッグ除去(抜去)&コンデンスリッチ豊胸術をご紹介いたしました。

術前
CRF豊胸 脂肪採取部位

術後半年
CRF豊胸 脂肪採取部位

42歳女性
157cm、49kg

アンダーバスト術前73cmから71.5cmへと減ったにも関わらず、トップバストは84cmをキープすることが出来、しっかりとカップアップしました!
(*´∀`*)

当院では「脂肪採取(脂肪吸引)部位にお腹周りの脂肪を取って欲しい!」という方がたくさんご来院されます。
コンデンスリッチ豊胸でお腹周りの脂肪を使うメリットはいくつかありますが、なによりも一番のメリットは

トップバストを増やして
アンダーバストを減らすことで
しっかりとカップアップを狙う

ということです。

ただその場合、コンデンスリッチファットを作成するための脂肪採取範囲がとても重要なポイントになってきます。
何故か。

適切に範囲を選択肢ないと上腹部に凸凹やたるみが出てしまうのです。
…ええ、今までそのような症状の他院修正を何例担当したことか。

お腹を効果的に美しくくびれさせるためのデザインや吸引方法など、すべて適切に行うことで完璧な上半身を作っていくことができるのです。
ということで実際に見ていきましょうか。

術前
CRF豊胸 脂肪採取部位

デザイン
CRF豊胸 脂肪採取部位

お腹の皮下脂肪は3つのコンパートメントに別れています。
大雑把に言うと赤のラインのところに壁があって、胸下部、上腹部、下腹部に別れています。
緑、紫、斜線、そして丸印と、実はそれぞれ脂肪の質が少しずつ違いまして、僕は脂肪吸引の手術中に手の感覚と視覚とがリンクするように色分けしています。また、紫で塗りつぶしている部分は腹直筋と腹斜筋。ここはしっかりと取っていきます。

術後1ヶ月
CRF豊胸 脂肪採取部位

術後の硬縮がmaxで出ていますね。
ですので光の加減によって凹凸が見えます。
これは硬縮によるもので、マッサージやストレッチをすることで滑らかなラインになってきます。
マッサージをしないとどうなりますか?と質問されることがあります。
術後の仕上りには影響はしませんが、硬縮が消失するのが遅くなります(^_^;)

せっかく手術をしたんだから早く綺麗なクビレを手に入れたいですよね。
やっぱししっかりとマッサージ/ストレッチをしましょう。
(*´∀`*)

術後半年
CRF豊胸 脂肪採取部位

綺麗なクビレが完成しました(*´∀`*)

別の角度からも見てみましょう。
術前
CRF豊胸 脂肪採取部位

術後半年
CRF豊胸 脂肪採取部位

sexyなクビレが完成しました(*´∀`*)

今回もパーフェクトな結果を出すことが出来て光栄です!