乳がん検診とシリコンバッグ豊胸術

  • 豊胸・バストアップ
  • 乳がん(乳癌検診)
  • 豊胸手術 乳がんリスク

6月も残り2日間ですね。

THE CLINIC大阪院には連日たくさんのゲストにお越しいただきました。
本当に有難うございます。

また、6月は他院のドクターの皆様をお招きしてVASER/CRF豊胸セミナーを行うことも出来ました。
他院のドクターと有意義なディスカッションをすることで、主催側である僕も大きな刺激を受けました。

今後も世界トップレベルのクオリティを維持し、進化し続けて行きますのでよろしくお願いします。
(*´∀`*)

さてさて。
本日は、最近お問い合わせがとても多い内容です。

「乳がん検診とシリコンバッグ豊胸術」について。

美容外科分野、そして乳腺外科分野の2つの観点から何回かにわたって書いていこうと思いますのでお付き合いいただければと思います。

なお、中居は美容外科専門医でシリコンバッグのトラブル修正opeに関しては日本トップクラスの症例数を経験しておりますが、乳腺外科分野の知識や、検査・治療の実際に関しては専門の先生に全く及びません。
そこで今回のブログを書くにあたって、僕が敬愛して止まない兄貴、THE CLINIC横浜院院長で日本乳癌学会専門医でもある千葉明彦先生より多大なるご指導を頂きました。心より御礼を申し上げます。

それでは行ってみましょう。

「乳がん検診とシリコンバッグ豊胸術」

現在、乳癌による死亡率を低下させるため、40歳以上の女性にマンモグラフィー検診を受診することが推奨されています。

ただ、初期の乳癌の可能性がある0.1mm以下の細かい石灰化や、乳腺の中にある小さなしこりまで見逃さないように検査するためには、マンモグラフィーとエコーを併用して乳がん検診を行うことでマンモグラフィー単独検診よりも1.5倍乳癌が多く見つかったというデータもあります。

そこで身体への影響、手軽さ、そして正確さを考えると、やはりマンモグラフィとエコーを併用して乳がん検診を行うことが理想と言えるでしょう。

シリコンバッグによる豊胸手術の重大な欠点として、

「シリコンバッグ豊胸手術をした後の乳がん検診では、精密な検査結果を得ることが難しい」

というものが挙げられます。

中居は美容外科医療とは健康を第一とし、その上で美を追求することで人生を豊かにするものと考えています。
シリコンバッグ豊胸術が乳がん検診という大切な検査を犠牲にしてしまうのは非常に辛いことです。

それでは何故精密な乳がん検診を受けることが難しいのでしょうか。

次回より検査の特徴を踏まえて具体的に書いていきますのでまたお付き合いくださいね。

脳外科医を経験後、美容外科医に転身する。その豊富な知識と高い技術に、厚い信頼を寄せるスタッフも多い。
「ゲストの利益を最優先する。必要のない手術は行わない」と言い切る誠実さに、全身すべての手術を中居ドクターに依頼したゲストもいる。