もうシリコンバッグの事で悩む必要はありません

  • 豊胸・バストアップ
  • コンデンスリッチ豊胸
  • シリコンバッグ
  • バッグの破損
  • バッグ抜去
  • 変形・左右差

こち亀40周年+連載終了という事で。

僕はこち亀と同い年なんですよね。
そんな訳で先日の東京移動の際、どうしても読みたくて25年ぶりくらいに買っちゃいました。

少年ジャンプ。

ちょうどその時、名古屋院長の福田先生と連絡を取ってて

img_6602

やるな、福ちゃん(*´∀`*)

さてさて

それでは本日の手術紹介です。
前回のブログで紹介した手術です。

今回は詳細を追っていきましょう。

術前
シリコンバッグ破損

32歳女性。
150cm、40kg。
14年前に脇の下から大胸筋下にバッグを挿入。
2ヶ月前にバッグの破損を指摘され、入れ替えを提案されましたが、脂肪のほうが自然にバストアップできることを知り、当院を受診されました。

エコー検査にて左右ともバッグは破損を確認しました。
そこで、シリコンバッグの除去と同時に太ももから脂肪を取ってコンデンスリッチ豊胸術を行いました。

右側のバッグを除去しました。
シリコンバッグ破損

除去しただけでは平らな胸になってしまいますね。
それではあまりに寂しいので、コンデンスリッチ豊胸術を行います。

破損したシリコンバッグ
シリコンバッグ破損

カプセル内にシリコンが残らないよう、しっかりと洗浄しました。
その後カプセル内に脂肪が迷入しないよう丁寧に注意深くCRFを注入します。
皮下、乳腺下、大胸筋内、大胸筋下でカプセルの上の部分、という4層に分けて注入しました。

術後1ヶ月
シリコンバッグ破損

腫れや内出血が引いて一安心ですね。
術後3ヶ月は体重を落とさないように気をつけていただきます。

術後半年
シリコンバッグ破損

しっかりと自然な形にバストアップすることができました。
(*´∀`*)

別の角度からも見てみましょう。

術前
シリコンバッグ破損

術後半年
シリコンバッグ破損

バッグが上にずれて不自然だった胸の形が自然になりましたね。
(*´∀`*)

来週は脂肪採取部位にも着目してみましょう。

 

 

脳外科医を経験後、美容外科医に転身する。その豊富な知識と高い技術に、厚い信頼を寄せるスタッフも多い。
「ゲストの利益を最優先する。必要のない手術は行わない」と言い切る誠実さに、全身すべての手術を中居ドクターに依頼したゲストもいる。