20年前のシリコンバッグを抜去して同時にCRF豊胸

  • 豊胸・バストアップ
  • 痩身・脂肪吸引
  • ベイザー脂肪吸引
  • お腹
  • コンデンスリッチ豊胸
  • シリコンバッグ
  • バッグ抜去
  • 太もも
  • 部位

大阪はカラッと晴れているのに実家の滋賀県北部は大雪…みなさま雪の影響は大丈夫でしょうか。

中居は月に一回、滋賀県南草津でバンドの練習をしているのですが、前回の練習も大阪は晴れなのに滋賀は大雪でした。

「今度の練習もクルマで行こうと思うんやけど、滋賀県の雪はどんなもん?」
「今は積もってますけど、中居さんのクルマは四駆やから大丈夫でしょ」
「…いや、俺のクルマ、見た目四駆のSUVやけど実際は二駆やねん」
「ファ!?なにそれ?全然意味無いですやん」
「だって俺クルマで雪の中走る設定してないもん」
「都会の感覚か!!」

滋賀在住の後輩に呆れられてしまいました。

雪の中なんでどうかみなさまもお気をつけてくださいね
(*´∀`*)

さてさて。

それでは今日の手術紹介行ってみましょう。

47歳女性。
20年以上前に脂肪豊胸術を行ったけど変化がなく、20年前にシリコンバッグを挿入しました。
ところが40歳を超えて乳がん検査へ行きたい、最近ではうつ伏せになるのも怖くなってきたということでご来院されました。

バッグ抜去 crf豊胸

150cm49kg。
エコー検査にてシリコンバッグが大胸筋下に入っているのが確認できました。
残念ながら前回の脂肪豊胸術での脂肪の定着はほとんど認められませんでした。

前回の脂肪豊胸術で太腿の後ろ側の脂肪を採取しているため、今回は胸の下〜腹部全体、太腿の前〜内側から脂肪を撮り、バッグの除去と同時のコンデンスリッチ豊胸術をご提案いたしました。

デザイン
バッグ抜去 crf豊胸

腹直筋、肋骨下をしっかりと強調してお腹のクビレを作ります。
また、胸の下から広範囲に脂肪を採取することで、皮膚のたるみをできるだけ防ぎます。
太腿はまえ〜横の張り出しをしっかりと削り、膝にかけて自然でシャープなラインを作るようデザインしています。

それでは実際の手術を説明しましょう。

まずは脂肪採取を行います。
当院の脂肪採取はただ脂肪吸引するのではなく、ベイザー脂肪吸引を行います。
ベイザー超音波をあて、吸引カニューレと吸引方法に工夫を凝らすことで皮膚を確実に引き締めることが出来ます。
妊娠によってお腹の皮膚が伸びてしまった場合でも、しっかりとベイザーを当て、皮膚が引き締まるように脂肪吸引しました。

ベイザーを当てた脂肪を豊胸術に使っても大丈夫?という意見もありますが、当院では厳密に荷重遠心分離を行ってコンデンスリッチファット(CRF)を作成します。

バッグ抜去 crf豊胸

その段階で弱い脂肪は脂になって除去でき、麻酔液なども除去できるので、元気な脂肪だけを取り出すことができます。
また、CRFに混ぜものをするクリニックもありますが、当院では100%CRFを注入します。
荷重遠心分離をしていない脂肪を混ぜてしまうと、シコリが出来るリスクが格段に上がるからです。

次に、シリコンバッグを取り出していきます。
例えばシリコンバッグを抜去する場合の傷ですが、クリニックによっては「絶対に乳房下縁からしか除去しない」というところもあるようです。
乳房下縁からの抜去は簡単でいいんですが、傷が目立つんですよね。

入っているバッグの状態や乳腺の厚さによっても変わってまいりますが、術前のエコー検査によってバッグの状態を確認し、よほどのバッグトラブル(破損して完全にぺったんこになったり…)が無い限り、当院では前回のバッグ挿入OPEと同じ傷をそのまま利用します。

理由は、そこが一番確実にバッグを取り出すことができる上に、出血が少ないからです。

今回も、前回バッグ挿入時のの傷をそのまま利用し、脇からのアプローチで手術を行いました。
術前にシリコンバッグとおうかがいしていましたが、実際には生理食塩水バッグが挿入されていました。

バッグ抜去 crf豊胸

そしてCRFを注入していきます。
皮下、乳腺下、大胸筋内そして大胸筋下でシリコンバッグの入っていたカプセルの上の部分にミルフィーユの様に注入していきます。
ミルフィーユの一枚一枚も、シルクを織るように直線を組み合わせて注入するのですが、一本一本の直線も雑に太く注入してしまうと定着率が悪くなってしまいます。

実際、脂肪を注入しても定着するのは表面から1.2mmという浅い層のみです。
バッグ抜去 crf豊胸

そこで、当院では2.4mmの細さになるよう特殊な機材と注入技術で注入していきます(2.4mm noodle injection)。

胸の皮膚の状態を見ながら、過剰な注入にならないようにコントロールして注入しました。
バッグが20年入っていたために皮膚が伸び、余裕があったため
皮下
乳腺下
大胸筋内
大胸筋下(カプセル上)
に片側245ccとなるようCRFを注入しました。

術後1ヶ月
バッグ抜去 crf豊胸

腫れや内出血が落ち着きました。
脂肪の定着を助けるため、術後3ヶ月は体重を減らさないように気をつけていただきます。

術後半年
バッグ抜去 crf豊胸

しっかりとバストアップをキープできましたね
(*´∀`*)

違う角度からも見てみましょう。

術前
バッグ抜去 crf豊胸

1ヶ月後
バッグ抜去 crf豊胸

半年後
バッグ抜去 crf豊胸

アンダーバスト68cm→67cm
トップバスト83cm→86.6cm

バストをキープするどころかむしろサイズアップしましたね
(*´∀`*)

脂肪採取部位の変化も見てみましょう。
術前
バッグ抜去 crf豊胸

術後半年
バッグ抜去 crf豊胸

腹部はおへその上にたるみが出やすいものですが、特に目立ったたるみを出すことも無く、しっかりとクビレを作ることが出来ました。
また、太腿から膝にかけて細く長く見えるように作り変えることが出来ました。
(*´∀`*)